マルチサイクロン式集塵機のメリット

化学薬品や食品などの製造過程では、微細な粉塵が排出されることがあります。


またボイラーや焼却炉からは煤煙が発生し、そのまま空気中に放出されると、大気汚染や火災の原因になる場合もあります。

排気中の粉塵や煤を取り除くには、集塵装置の設置が欠かせません。

集塵装置には電気式やフィルター式など多様な形式があります。
そのうちサイクロン式は、尖った部分を下にした円錐形で、円錐の内側に気流を吹き付ける仕組みです。上から吹き付けられた空気は、円錐に沿って螺旋状に降下しながら浄化され、最下端まで来ると反転上昇して排出されます。

マルチサイクロン情報が手に入ります。

効果的に粉塵を取り除くには、気流の速度を調節することが重要です。サイクロン式集塵機は、構造が比較的簡単でメンテナンスしやすく、初期コストやランニングコストが安いことから、多くの現場で採用されています。



高温の排気や発火性の粉塵を取り扱えるというメリットもあります。

ただし規模が大きくなるほど、集塵の効率は低下します。そのため大量の排気を浄化する必要があるときは、マルチサイクロン式の集塵機が用いられます。

マルチサイクロンは多数のサイクロン式集塵機を並列に繋げたもので、効率を落とさずに大量の排気を処理できます。


集められた粉塵は装置の下部からまとめて排出され、装置内に堆積することはありません。

耐久性が高く応用範囲の広いマルチサイクロン式集塵機は、各種製造工場や廃棄物処理場などでも多数が採用されています。